目の疲れ研究所

目の疲れ・目のトラブルお悩み体験談紹介サイト

【光がまぶしい!目がチカチカする!…頭痛がしなかったら光視症!?】

47d4b447b7091aa70e6f592cdac27535_s

光をまぶしく感じたり、暗い所で急に稲妻のような光が見えたり、目に光が当たっていないのに光を感じたりすることはありませんか?そんな症状を光視症といいます。老化現象の一つと言われていますが、目の疲れやストレスも関係しているようです。

この光視症自体はそれほど重症ではありませんが、光視症を発症した2割程度の方が網膜裂孔を併発するといわれていいて、網膜裂孔の症状が進行すると網膜剥離が起こることもありますので注意が必要です。

光視症の原因は?

%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e8%86%9c%e7%82%8e%e3%80%80%e5%9b%b3

眼球の中は硝子体というゼリー状の物質が詰まっています。これが、老化により次第に収縮し、網膜から剥がれてしまいます。これを後部硝子体剥離といいます。硝子体と網膜が剥がれる際に、その刺激で光が発生します

さらに、後部硝子体剥離の状態で目を動かすと、網膜が引っ張られることで視神経に刺激を受け、光が走るように見えるのです

この光視症は、光を感じた時、どちら側の目に起こったのか異常があるのかを自分自身で認識できるという特徴があります。この場合は眼科を受診しましょう。

一方、目がチカチカした後に、片頭痛がある場合は、閃輝暗点(せんきあんてん)といいます。その場合は脳神経外科を受診しましょう。

117826

光視症と閃輝暗点の症状と見え方の違い

「キラキラしたものが見える」「ピカピカと光がはしる」「稲妻のような光が見える」など表れる症状はさまざまのようですが、光視症の場合は、一瞬しか見えないのが特徴です。

一方、閃輝暗点の場合は、ぼやけた光がしばらく見えたり、視界がゆがんだりするのが特徴です

光の色は、白がほとんどですが、場合によっては、黄色、赤色、オレンジ色などのカラーのこともあります。

 

光視症の検査

眼科で、視力検査や眼底検査を行います。眼底検査とは、散瞳薬を使って瞳孔を広げてから検眼鏡で瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を調べる検査です。目薬をして30分待った後、2、3分ほどで終わる簡単な検査になります。

このときに目薬で瞳孔を開くため、まぶしさを感じたり、近くが見えづらい等の状態が約3~6時間続きますが自然に元に戻ります。費用も保険がきき、数百円から数千円台と大した額ではありません。

検査も手軽に行えるものなので、構える必要はありません。少しでも光視症の症状を感じる方は是非受けて、重大な病気の早期発見につなげましょう。

 

光視症の治療法

光視症それ自体はそれほど重症ではないので、治療する必要もありませんし、治療の方法がないのが現状です。ほとんどの場合は、自然に光視症がなくなります。目の状態にもよりますが、定期的に検査を受けて、問題ないと診断されれば治療は終了となります。

発症した方の50%は軽度で、半年ほどで自然と治るといわれていますが、万が一網膜剥離まで進行してしまった場合は、失明してしまうおそれもあります。症状がみられた方はできるだけ早く眼科で眼底検査を受けるようにしましょう。

光視症を予防しましょう

光視症の直接的原因は、目の老化です。その他、目の疲れやストレスなども要因とされています。目の老化防止には、目に良い栄養を取ることが大切になってきます。それは、たとえば、アスタキサンチンアントシアニンルテインムチンなどです。

これらの成分の共通の働きは、老化の原因となる活性酸素を除去するという作用です。余分な活性酸素を減らすことで、健康面でもまた美容面でも若さを保つことができるのです。

 まとめ 

光視症の症状があった時、必ずしも「網膜剥離」や、「網膜裂孔」の前兆であったり、進行するとは断定はできませんが、飛蚊症と同様、光視症と思われるような症状が出た場合、深刻な眼病に進行させないためにも、早めに専門医の診察を受けましょう。

光視症の認知度は圧倒的に低いため、光視症の症状があった場合に、不必要に不安になってしまうこともあるようです。検査で重症でないことが分かれば安心できますね。

光視症の直接的原因になっているのは硝子体の老化です。目の老化防止には、目に良い栄養を摂ることが一番です。食事では、アスタキサンチンが豊富に含まれる鮭や、ルテインを取るには緑黄色野菜など、食生活が大切になってきます。

その他、毎日確実に補えるサプリメントも人気です。サプリメントは薬ではなく、食事では足りない栄養を補う役目があります。上手に取り入れて目の老化防止に役立てましょう。

今回は、目の疲れ解消、老化防止に、口コミでも人気のあるサプリメント”アスタブラト”を紹介します。こちらは、取りたい栄養素、アスタキサンチン、ルテイン、マキベリー、DHA/EPAがバランスよく配合されたサプリメントです。

栄養成分などを詳しく調査し、管理人あいが実際に注文して試していますので、参考にしてくださいね。

%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

アスタブライトの栄養成分やその他すべてについて詳しく調査しましたので、こちらも参考にどうぞ。

人気記事→【アスタブライト】とは?アスタブライトについての全てを詳しく調査してまとめました。

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%80%e5%b8%af

目の疲れ研究所管理人情報

こんにちは、目の疲れ研究所管理人のあいです!プロフィールはこちら↓ ↓ ↓

目の疲れ研究

簡単!すぐ効く!目の疲れを取る5つの方法など↓↓

目の疲れ研究所注目アイテムを紹介します↓ ↓ ↓

目の疲れ体験談

【27歳私の悩み】目が痙攣、失明の恐怖を感じました
【36歳私の悩み】視界にグレーの斑点が
【60歳私の悩み】右目が翼状片になった!などの体験談↓ ↓ ↓

若年層に急増中のスマホ老眼!その体験談をご紹介↓ ↓ ↓

自覚してますか?あなたもドライアイかも!体験談をご紹介↓ ↓ ↓

目の違和感は病気のサ・イ・ン。体験談をご紹介します↓ ↓ ↓

目の疲れ解消法

あなたはどっち?目の疲れ解消には温める?それとも冷やす?みんなの解消法をご紹介↓ ↓ ↓

健康を脅かすブルーライトとは何?ブルーライトカット眼鏡は本当に効果があるのでしょうか?みんなの使用した感想をご紹介↓ ↓ ↓

目の疲れにはスーパーフルーツのマキベリー!!驚きの効果を感じたみんなの体験談をご紹介↓ ↓ ↓

定番ブルーベリーは根強い人気!そのまま食べたり飴やサプリで気軽に摂取できるところが人気の秘密です。体験談をご紹介↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ キーワード検索

カテゴリー

サイトマップ